経営規模について②

  • 社会性の確認(W)

    建設業者が社会的な責任を果たしているかどうかなどを評価して点数化します。

    • W1:労働福祉の状況
      ①雇用保険加入の有無
      ②健康保険加入の有無
      ③厚生年金保険加入の有無
      ④建設業退職金共済制度(建退共)の加入履行
      ⑤退職一時金または企業年金制度の導入
    • W2:建設業の営業継続の状況
      営業年数を下限0年・上限35年で、0点から60点の配点をします。
    • W3:防災協定締結の有無
      防災活動への貢献の状況
    • W4:法令遵守の状況
      審査対象となる年度内に、建設業法第28条の規定による「指示処分」「営業停止処分」を受けた場合、減点評価されます。
    • W5:建設業の経理の状況
      監査の受審状況
    • W6:研究開発の状況
    • W7:建設機械の保有状況
      建設機械を自ら所有しているか
    • W8:国際標準化機構が定めた規格による登録の状況
    • W9:若年の技術者および技能労働者の育成および確保の状況