平成29年1月11日
 兵庫県立武庫荘総合高等学校
〜租税教室 風景〜 
兵庫県 尼崎市 武庫之荘 で 確定申告・税金のことなら 税理士 笠原会計事務所にお気軽にご相談下さい。


平成29111日、兵庫県立武庫荘総合高等学校において、高校一年生(320人)6時間目の授業(租税教室)を受け持たせていただきました。今回の租税教室で武庫荘総合高等学校において5回目となりました。

今回は税理士の職業を知って頂くために、「税理士が通常している仕事の確定申告書作成、税務相談、税務調査の立会いから、税務訴訟において税理士が弁護士をサポートするため補佐人として法廷に立って陳述することができる制度や、経営コンサルティング業務」など幅広く税理士が活躍していることをご説明させていただきましたところ、「税理士って本当に色々な仕事をして大変そうだが税理士の仕事が理解できてよかった」と関心を持っていただきました。また資格別平均年収のランキングについて税理士の発表をすると、興味津々で高校生の目が輝いていました。

 その他の授業の内容は、少子高齢化、社会保障、公債残高の問題を税理士会の資料を使用して説明すると、デンマークなどの高負担、高福祉の社会を望むというアンケート結果が非常に多かったのが印象に残りました。

上記のような日本の財政状況を説明しながら、高校生も18歳になれば選挙権があることを説明し、有権者として納税者として税金の使われ方等を勉強して頂ければ幸いです。














このように租税教室を通じて、少しでも多くの方に税金の使われ方や税金がたりない現実を踏まえて考える機会をもっていただければ租税教室をさせていただきました意義は十分にあると思います。

高校1年生の皆様、学校を卒業し社会にでれば、これまで以上に多くの種類の税金と接することになります。今のうちから少しでも税金に関心を持っていただき賢い納税者になってください。


   

これからもこの活動を続けていきたいと考えています。武庫荘総合高校の1年生の皆様本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
 
 笠原行政書士事務所